RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

渋谷サミットG∞

移動する路上会議。2008年7月7日(月)10:00〜8日(火)23:15
<< 感想 | main | blowing in wind+不動性 (N.S.)(代打ち 小川) >>
ウェーブの広場ーー死者のラジオ体操(7月8日15:40分ころ)
0
    ウェーブ広場に移動してきてそうそう。武さん、摂津さんが、パソコンをしに、マクドナルドに電源を使用しに行ったので、残るメンバーが、小川、渡辺、佐久間、廃人餓号のみ、というサミット中最小人数になっていた時に、それは、行われた。佐久間さん曰く、蒸し返す人、である渡辺さんが、109前でのラジオ体操の時の話を蒸し返した。109前で、佐久間さんが、ラジオ体操をしたくない、ということで「ヘルプうなぎ」を出した。話は、では、どういうラジオ体操だったなら、佐久間さんはやってもいいの?ということになり、重力に逆らわない、労働の準備体操ではない、などの話のあげく出てきた言葉が、死者のラジオ体操ならやりたい、ということだった。それでは、やってみようということになり、(すっかり忘れていたが、ここで渡辺くんより、それはやりたくない、というヘルプうなぎが出されたようだった。)、まず、小川がやった。それは、割とそれでも大きな動きを伴っていた。次の佐久間さんは、あまり動かない、と事前に宣言したように、うつむいてきわめて緩慢に歩くものだった。しかし、これは、極めておかしかった。続いての、廃人さん(名前がすでに死者に近づいているが)は、小脇にカバンめいたものを抱えるという独自のスタイルで徘徊し伸びをしたりする、というものだった。これも、面白かった。自分的には、この死者のラジオ体操はサミットのハイライトの一つであった。渡辺さんの撮った映像があるはずだから、見るのが楽しみである。あと、死者のラジオ体操を終えた感想は、リフレッシュ効果がある、という意外なものだった。

    記憶がすでに曖昧、、、誰か補完して。
    | 感想・論説 | 00:16 | comments(0) | - | - | - |